« 朝日カントリーボイス 1 | トップページ | 謹賀新年(●^o^●) »

2007年12月31日 (月)

1年を振り返り・・・

今年は、目標に向かってようやく第一歩を踏み出せた年になりました。社会人入試を経て現在の理学療法学科に進学したわけですが、3年目の挑戦、5回目の受験で合格しました。ちょっとランクを落としたことが勝因なのですが!(笑)回りからは「なんで諦めないの?」と言われる状況でしたが、自分の最終的な目標にたどり着くためには、通過しないといけない部分でしたので、私には諦めるという選択肢はありませんでした。私の最終目標が”理学療法士”になることと思われることが多々ありまして、ぶっちゃけそのせいで不快な思いをさせられたことは多々ありました。(以下省略!笑)

このブログの1ページ目に書いたこと、それは自分の亡き母の治療、介護をただただ傍観していただけのやるせない過去があってこそ、いま私はゆるぎない”志”を持ってここにいられます。当時は病院を信じ、施設を信じ、多くの医療人をただただ肩書きだけで信じていた浅はかな自分を思い出すと、母に謝りたくなります。なので私は、母に何も手を差し伸べることもしなかったのだと思います。しかし予想外の結末を迎えてようやくわかったのです。当たり前に言われてることですが、どこで誰に大事な命を預けるのか、それは患者本人とその家族で見極めないといけないことでした。何を基準に見極めていくか、それはもう自分の分析力と感性を信じるだけですかね?もちろん情報収集は必須です。母の死を通してたくさんのことを学べたと思っています。

私はこのリバイタライズでの高齢者在宅指導を通して、代表から一生学び続けられることを切に願っております。そして私の最終目標は、リバイタライズの現場にあります。多くの現場は矛盾だらけの法律下で、不信感を抱きつつも”患者の健康”でなく”利潤”を追求し、診療報酬に従事し、また”結果”の出ないマニュアルを実践するだけでなく、患者一人一人とじっくり向き合い、そして全身を診れる目を養うこと、そして必ず結果を出すこと。そのため、これからも代表の指導の元、私は着実に力をつけ、皆様に反映させられたら幸いです。現場では指導側の立場ですが、おそらく私は永遠に医療現場に母を写してしまうように、ココロはいつも患者側にあるのだと思います。それがいい結果を招くことと信じています。

来年からは、リバイタライズの活動や研修内容などをたくさんお伝えできるようなブログを提供していきたいと思います!どこかで途方に暮れた方がいらっしゃいましたら、是非当院、当校の扉を気軽にあけてみて下さい!きっと今までの医療に対する絶望感が少しずつ癒され、ご自身の目も養えると確信できますよ。当時、わずか3ヶ月で歩けなくなった母がいま生きていたら、まず私は佐々木代表のいるこの扉をノックするからです。これ、手前味噌になりますね!?(笑)

ちょっと年の瀬ゆえに奮起しすぎて書き綴ってしまいました!(笑)来年もどうか皆々様が元気でいられるよう、またお力添えができることをお祈り申し上げます。

リバイタラズアソシエーション/城南地区主任トレーナー 辻

今日の写メ→先月、誕生日に姉からもらPhoto ったお花です。キレイでした!(^○^)

|

« 朝日カントリーボイス 1 | トップページ | 謹賀新年(●^o^●) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとう

合格良かったね。
だんだん目がすわっていくのを傍で見ていたので今は私もほっとしています。

今年もよい年にしましょう

投稿: くろもも | 2008年1月 4日 (金) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1年を振り返り・・・:

« 朝日カントリーボイス 1 | トップページ | 謹賀新年(●^o^●) »