朝日カントリーボイスコラム

2007年12月12日 (水)

朝日カントリーボイス 1

朝日新聞大田区地方版、朝日カントリーボイスに連載しているコラムを掲載いたします。

タイトルが「朝日カントリーボイス」の場合、毎回連載コラムの掲載となります。

さて、みなさんは運動にこんなイメージを持っていませんか?「運動」=「疲れる、面倒くさい、やり方がわからない」、これでは、なかなか楽しく継続できませんよね?しかし、目的を明確にし、効果的な方法で、さらに無理なく行うことで、初めて楽しみながら運動が続けられ、そして効果も期待できます!そこで今回の連載第1回目には、一番身近で手軽な運動 “ウォーキング” についてお話したいと思います!!

①セルフチェックとウォーキングの効果

    ちょっと動いただけでハァハァと息があがるようになった

    脂肪が気になるようになった、血中脂質も高くなってきた

    加齢により筋力の低下を感じてきている

    寝つきが悪かったり、寝が浅い、夜中に何度も目を覚ます

血圧が気になり始めてきた

                          ↓ ウオーキングを続けると・・

心肺機能を向上させます

体内の脂肪を減らします

筋持久力を強化できます

睡眠障害が改善できます

                     正常な数値に近づけます

②ウォーキングにおける強度の調節法

腕を速く大きく振る→歩幅を広くする→歩幅を広く腕をしっかり振る→勾配のあるコースを歩く

     目線は前方に、背筋を伸ばし姿勢良く歩きましょう!

     歩幅は普段よりも広く、腕を意識して振りましょう!

     かかとからつま先へ足の裏を転がすように歩きましょう! 

     呼吸は小さくならないよう、歩くリズムに合わせて「吸って吸って吐いて吐いて」が基本。息がはずむ程度に歩きましょう!

慣れてきたら一日30分以上、頻度も少しずつ増やしていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)