日記・コラム・つぶやき

2007年12月31日 (月)

1年を振り返り・・・

今年は、目標に向かってようやく第一歩を踏み出せた年になりました。社会人入試を経て現在の理学療法学科に進学したわけですが、3年目の挑戦、5回目の受験で合格しました。ちょっとランクを落としたことが勝因なのですが!(笑)回りからは「なんで諦めないの?」と言われる状況でしたが、自分の最終的な目標にたどり着くためには、通過しないといけない部分でしたので、私には諦めるという選択肢はありませんでした。私の最終目標が”理学療法士”になることと思われることが多々ありまして、ぶっちゃけそのせいで不快な思いをさせられたことは多々ありました。(以下省略!笑)

このブログの1ページ目に書いたこと、それは自分の亡き母の治療、介護をただただ傍観していただけのやるせない過去があってこそ、いま私はゆるぎない”志”を持ってここにいられます。当時は病院を信じ、施設を信じ、多くの医療人をただただ肩書きだけで信じていた浅はかな自分を思い出すと、母に謝りたくなります。なので私は、母に何も手を差し伸べることもしなかったのだと思います。しかし予想外の結末を迎えてようやくわかったのです。当たり前に言われてることですが、どこで誰に大事な命を預けるのか、それは患者本人とその家族で見極めないといけないことでした。何を基準に見極めていくか、それはもう自分の分析力と感性を信じるだけですかね?もちろん情報収集は必須です。母の死を通してたくさんのことを学べたと思っています。

私はこのリバイタライズでの高齢者在宅指導を通して、代表から一生学び続けられることを切に願っております。そして私の最終目標は、リバイタライズの現場にあります。多くの現場は矛盾だらけの法律下で、不信感を抱きつつも”患者の健康”でなく”利潤”を追求し、診療報酬に従事し、また”結果”の出ないマニュアルを実践するだけでなく、患者一人一人とじっくり向き合い、そして全身を診れる目を養うこと、そして必ず結果を出すこと。そのため、これからも代表の指導の元、私は着実に力をつけ、皆様に反映させられたら幸いです。現場では指導側の立場ですが、おそらく私は永遠に医療現場に母を写してしまうように、ココロはいつも患者側にあるのだと思います。それがいい結果を招くことと信じています。

来年からは、リバイタライズの活動や研修内容などをたくさんお伝えできるようなブログを提供していきたいと思います!どこかで途方に暮れた方がいらっしゃいましたら、是非当院、当校の扉を気軽にあけてみて下さい!きっと今までの医療に対する絶望感が少しずつ癒され、ご自身の目も養えると確信できますよ。当時、わずか3ヶ月で歩けなくなった母がいま生きていたら、まず私は佐々木代表のいるこの扉をノックするからです。これ、手前味噌になりますね!?(笑)

ちょっと年の瀬ゆえに奮起しすぎて書き綴ってしまいました!(笑)来年もどうか皆々様が元気でいられるよう、またお力添えができることをお祈り申し上げます。

リバイタラズアソシエーション/城南地区主任トレーナー 辻

今日の写メ→先月、誕生日に姉からもらPhoto ったお花です。キレイでした!(^○^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

そろそろ期末試験が・・・

入学してようやく半年経ち、交友関係や授業にもかなり慣れてきましたね~。そろそろ二度目の試験を迎えます。一学期はオニのような試験範囲に驚愕しましたが、社会人の意地だけでどうにか乗り越えましたっ!(笑)中学、高校のときのように徹夜で暗記して点数を取ったところでまったく意味はなく、教科ごとの理解と修得が肝心です。もともと物覚えの悪いタチなので、勉強にはかなり時間を費やします・・・(涙)それにしても18歳たちの暗記力はスゴイ!羨ましい!!(笑)そんな彼らの医療現場の初舞台は1年半後、きっと想像もしていない現実を目の当たりにし苦悩するのだろうと、いまからアネゴ目線で心配してしまいます(笑)それは数年前、私が初めて医療現場に立ち患者さんに触れた日、自分の無力さを痛感した記憶が鮮明に残っているからです。あの失望感を、彼らが乗り越え糧にしてくれることを、陰ながら見守りたい心境になりますPhoto 。って、現実は自分のことで精一杯なんですけどね~(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

夏の補講・・・

 先週までの猛暑の中、なんとスーツ着用で夏期講習を受けてきました!(+_+)

講義内容は東洋医学概論。「たけしの本当は怖い家庭の医学」でも取り上げられていましたが、東洋医学の「望診」にあたる舌診の話しが特に面白かったですね~。毎朝洗顔するときについ舌をじっくり見るクセが~(笑)ちなみに自己診断結果は「水分停滞」にあたる”歯根舌”かなと?水分摂取量が多い人によくみられるとのこと、まさにお酒好きな私にドンピシャ?!(笑笑)

 まじめなところでは「疼痛」についての講義もありました。人体は「痛み」の受容と同時にその痛みに対する防衛能力も機能しているわけですが、その機序は知れば知るほど驚くものばかりでした。体調やストレスによってもPhoto それらの機能に変化が出てくるということを知り、東洋医学の「気・血・水」の考え方も大いに考慮する価値があるのだなと、また少し東洋医学への興味が深まりました!(^_^)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

ある日の出逢い・・・

 職場での出来事なのですが、とても丁寧にローイングマシン(背中の運動)を行っている方がいらっしゃったので、運動中にもかかわらずついついお声をかけてしまいました。少々白髪も出始めた感じで、でもどことなくエネルギッシュな面持ちもあり、私は近づいていったのだと思います。その方は日本体育大学卒で、学生時代はバレーボールで大きな大会にも出場しておられました。卒業後は都立高校で体育教師としてお勤めになり、定年退職を機にジムで汗を流すようになり、そして現在は「さくら会」という福祉施設で水中運動のボランティアとしてご活躍されてます。40年余りの体育教師で身につけた目配りと天性のパワーを生かし、現在では車椅子に乗っている方の運動補助を行っており、その方たちが杖なしで歩行できるようになっていくのを見ると疲れも吹き飛ぶそうです。私は勤務中ということも忘れ、恐らくこの方のお話しに数十分聞き入ってたことと思います。水の管理が難しい(施設の広さや経費、水質を保つための管理など)ゆえに、プールがある施設は都内でもかなり限られています。水中運動の特性やメリットは非常に深く多く、陸上では不可能な動きも、水中ならできることがたくさんあります。そのリハビリを一目拝見したく、その方に無理を承知でお願いしました。近々見学をして参りますので、またこのブログで感想を述べさせて頂きますね。それにしても、その方の人生経験をまだまだたくさん傾聴したくてなりません。一体、どれだけの生徒を育て送り出してきたのでしょうか?時間に追われる生活を省みて、一日一日を大事にすることの大切さを、その瞬間に教えて下Photo_4 さった気がします。梅雨の時期、どんよりした天気でしたが、綺麗に咲いたあじさいの花と、ボランティアの方との出逢いのお陰で、リフレッシュして職場を後にし、学校に向かうことができました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

いちご狩り

4 3 GW二日目は伊豆いちご狩りに行きました。バスにゆられ、渋滞の中を何時間乗っていたことか!?かなりおしりも痛いっ!!初めてのいちご狩りはかなり燃えるモノありました!20分で65個食べまくり、仲間内でトップとってきました!!(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)